LINECreatorsStudio|無料アプリの使い方とスタンプの作り方

スポンサーリンク

LINEでトークする際にLINEスタンプを使用している人は多いのではないでしょうか?
LINEスタンプは相づちや返答など、トークをより盛り上げてくれる欠かせない機能ですよね!

そんなLINEスタンプ(クリエイターズスタンプ)をスマホ(iPhone/Android)だけで簡単に作れるアプリ『LINE Creators Studio(ライン・クリエイターズ・スタジオ)』の使い方をご紹介します。

本記事の内容

・『LINE Creators Studio』とは?
・自作オリジナルスタンプの作成の手順
・自作オリジナルスタンプの審査・販売の手順

スポンサーリンク

1.無料LINEスタンプ作成アプリ『LINE Creators Studio』とは?

LINE Creators Studioとは、スマホ(iPhone/Android)だけでオリジナルのクLINEスタンプ(クリエイターズスタンプ)を簡単に作ることができるLINEの公式アプリです。

LINE Creators Studioでできること

・スマホ(iPhone/Android)だけでLINEスタンプ(クリエイターズスタンプ)を作れる
・撮った写真やLINE Creators Studioで描いた手書きのイラストをスタンプ化できる
・スマホ(iPhone/Android)だけでスタンプの審査申請や販売ができる

非常に簡単で初心者でもすぐにスタンプを作ることができます。

2.自作スタンプの手順・流れ

1)パッケージの作成

参考画像 手順
1.
① [+スタンプを作ろう]を押してパッケージを作成します。
② パッケージのタイトルを入力します。

パッケージとは、自作したオリジナルスタンプを管理するフォルダのようなものです。

2.
① パッケージができたら[+]からオリジナルスタンプを作成することができます。
② 作成方法は下記3種類となります。
A:手書きのイラストからスタンプを作成する
B:端末にすでに保存されている画像を使用してスタンプを作成する
C:新たに写真を撮影してスタンプを作成する

2)スタンプの作成

a)手書きのイラストからスタンプを作成

参考画像 手順
1.
① 手書きのイラストからスタンプを作成する場合には、一番上のマークを押します。
2.
① 手書きの場合、「ブラシ」と「テキスト」のみでオリジナルのイラストスタンプを作成します。
② イラストが完成したら[次へ]を押し、完成イメージを確認します。
③ 問題なければ[保存]を押してパッケージの中に保存します。
3.
① 「サンプル」パッケージの中に作成した手書きのイラストが保存されます。

b)画像・写真からスタンプを作成

すでに保存されている画像か写真を撮るところからスタートするかの違いで、その後は一緒の流れになるのでまとめてご紹介します。

参考画像 手順
1.
① すでに保存されている画像を使うなら2番目、写真を撮るところからスタートするなら3番目のマークを押します。
② それぞれ対象となる画像・写真を決めます。
2番目のマークであれば保存されている画像の中から、3番目のマークであれば写真を撮ります。

※ 画像・写真を使う場合には、この後編集しやすいように対象が大きめに写っている方がいいです!

2.
① [なぞる]で対象とした画像・写真のトリミングを行います。
② この段階ではざっくりと範囲を選択します。
3.
① ざっくりと範囲選択したら表示が変わるので、点を動かしてより細かく微調整します。
② トリミング範囲が決まったら[次へ]を押します。

※ 細かく微調整したい場合は、ピンチ操作による画像の拡大・縮小を活かします。

4.
① トリミング範囲が決まったらサイズ・角度の調整をします。ピンチ操作によって画像を拡大縮小・角度の調整を行うことができます。
②サイズ・角度が決まったら[次へ]を押します。

※ 「スタンプシミュレーター」で完成イメージを確認することができます。

5.
① トリミング後の画像編集を行います。
② 編集が完了したら[次へ]を押します。

※ 画像・写真の画像編集の場合「ブラシ」、「テキスト」、「フィルター」、「色調」の操作を行うことができ、イラストや文字、色合いを調整することができます。

6.
① 完成イメージを確認して問題なければ[保存]を押して完成です。
② パッケージの中に保存されます。

3)その他編集について(ブラシ・テキストなど)

a)ブラシ

ブラシでは、サイズ(太さ)筆圧(ぼかし)を調整しながら線を描くことができます。

【色】
【サイズ(太さ)】
【筆圧(ぼかし)】

b)テキスト

テキストでは、フォント文字色テキストの背景色幅寄せを調整しながら線を描くことができます。

【フォント】
【背景色】
【幅寄せ】中央揃え・左寄せ・右寄せ

c)フィルター

画像・写真編集でおなじみのフィルターです。
種類が豊富に用意されており、各種効果の強さを1~100まで調整できるのでいろいろ楽しむことができます。

【Fidge】
【Fixie】

d)色調

明るさやコントラスト、影補正など調整することができます。
フィルターよりも細かく色合いの調整ができます。

3.自作スタンプの審査申請

1)審査申請の事前準備

a)Creators Market(クリエイターズマーケット)の登録

LINE Creators Studioで作成したオリジナルスタンプを販売するためには、LINE公式の『LINE Creators Market』に登録する必要があります。

参考画像 手順
1.
① 『LINE Creators Studio』のマイページを開いて[ログイン]を押すと、自動で『LINE Creators Market』の認証画面が開きます。
② 注意事項などを確認し[同意する]を押します。
2.
① ユーザー情報を入力し[保存]を押します。
② 入力したメールアドレス宛てに認証メールが届くので、そのURLをクリックして認証することで登録完了です。

b)Creators Studio(クリエイターズスタジオ)の登録

① マイページより[登録する]を押し、クリエイター名を入力します。
② クリエイター名が決まったら[保存]を押します。

※ クリエイター名は英名必須です。ただし、後から変更することも可能です。
※ 言語別にクリエイター名を設定しておくと、閲覧者が設定している言語により表示されることになります。

2)自作スタンプの審査申請の手順・流れ

販売するために審査の申請をする必要があります。
その際、販売できる最小ロットが”8”なので、最低でもスタンプを8つ用意する必要があります。

参考画像 手順
1.
① LINE Creators Studioの販売するパッケージを選択し[販売]を押します。
② 8スタンプ~40スタンプの中から販売するスタンプの個数を選びます。
2.
① パッケージの中から販売対象とするスタンプを選択します。
② 販売対象としたスタンプの中からメインとなる画像を選択します。
3.
① 販売情報※1を入力し[次へ]を押します。
② プレビューを確認し問題がなければ[次へ]を押します。

※ 一番目立つ位置にあるのが2.で選択したメイン画像です。水色枠のも…

4.
① 肖像権などの注意事項について確認し問題がなければ[リクエスト]を押します。
② 再確認の[OK]を押すことでリクエストが完了します。
5.
① リクエストが完了しその旨のメッセージがLINEに届きます。
② マイページのステータスが「承認待ち」の状態になります。通常であれば、1週間程度で結果がLINEのメッセージが届きます。

※1:販売情報について

タイトル スタンプのタイトル、英名必須
説明文 スタンプの説明文、英文必須
写真の使用 1枚でも使用されていれば該当あり
販売価格 価格120円~、無料にすることはできない
プライベート設定 公開…ショップなどから不特定多数の人が閲覧・購入が可能
非公開…直接シェアした相手のみ閲覧・購入が可能
コピーライト 最初はクリエイター名、変更可能
販売エリア 日本のみ、アジアのみ、などエリアを選択できる
テイストカテゴリ 「ほんわか・癒し」などテイストの選択、検索キーワードとなる
キャラクターカテゴリ 「ネコ」などキャラクターの選択、検索キーワードとなる

4.自作スタンプの販売

LINE Creators Marketに登録しているメールアドレスに、審査中のスタンプが承認された旨のメールが届いたらいよいよ販売開始です。

① 上図のようなスタンプ承認メールが届いたら、『LINE Creators Market』にログインします。

② 承認されたスタンプをクリックします。
  また、ステータスが「承認」になっていることが確認できます。

③ 画面右上の「リリース」⇒「OK」で販売開始となります。
※ 販売後の販売停止などもこのページから行います。

5.おわりに

以上、LINECreatorsStudio|無料アプリの使い方とスタンプの作り方ついてでした。

無料ですし、全体的流れとしては簡単にスタンプを作ることができていいのですが、、スマホ(iPhone/Android)の操作で作るという難しさなどクオリティの高いスタンプを作るのは非常に困難だと感じます。

とは言え、友達との内輪ネタのような簡単なスタンプ作りは可能です。

無料なのでぜひ試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク