LINECreatorsMarket|登録方法や審査期間

スポンサーリンク

様々なLINEスタンプ作成アプリでスタンプを作成したら、最後は販売するために『LINE Creators Market』へ登録が必要です。

登録自体は難しいものではないですがいくつか気をつけるべき点があります。

ここでは、『LINE Creators Market』の登録方法や審査期間についてご紹介します。

本記事の内容

・クリエイター登録の流れ
・審査申請のための各種登録の流れ
・審査申請後の流れ-審査期間

スポンサーリンク

1.クリエイター登録

作成したLINEスタンプの審査申請を行う前に、まず『LINE Creators Market』にクリエイターの登録を行う必要があります。
流れに従うだけで簡単に登録することができます。

① 『LINE Creators Market』のトップページの[登録はこちら]より登録を進めていきます。
※ 登録するためにはLINEのアカウントが必要となります。

② LINEのアカウントで設定した「メールアドレス」と「パスワード」を入力しログインします。

③ 利用規約を確認し「同意する」にチェックマークを入れ、登録者情報を入力します。
登録者情報は次の項目が必須事項となっています。

・居住国
・事業形態(法人or個人)
・申込者名
・氏名または屋号
・メールアドレス

④ 登録したメールアドレスにメールが届くので、そのメールのURLをクリックすることでクリエイター登録が完了します。

2.審査申請の手順

1)スタンプ情報の登録

『LINE Creators Market』にログインしたら画面の左上にある[新規登録]よりスタンプ情報や販売情報を入力します。
入力必須事項は次のとおりです。

【スタンプ情報】
・スタンプのタイプ(スタンプorアニメーションスタンプ)※変更不可
・スタンプのタイトル(英語表記必須)
・スタンプの説明文(英語表記必須)

【販売情報】
・クリエイター名
・コピーライト
・プライベート設定(公開or非公開)
・販売エリア
・写真の使用(スタンプに写真を使用しているか否か)

※ タイトルや説明文を日本語表記したい場合には、[言語を追加]より「Japanese」を選択し日本語表記でも入力します。
※ コピーライトは『LINE Creators Studio』で販売情報を入力するときは「@クリエイター名」が初期設定になっています。こだわりがなければこれでOKです!
※ 任意項目の「作品が確認できるURL」を入力しておくことで審査時間を短縮できる場合があります。リンク先でスタンプ画像が確認できれば著作権チェックなどの参考になるからです。

2)スタンプ画像の登録

作成したスタンプ画像をアップロードします。

アップロードする方法は、ZIPファイルでまとめてアップロードする方法(赤枠)と1つずつアップロードする方法(オレンジ枠)があります。

スタンプの個数は1セットで8個~40個で選択することができます。

3)その他の登録

a)タグ設定

任意の設定となりますが、各スタンプにタグを設定することができます。

タグ設定とは、LINEのトーク画面で入力した文字に該当するスタンプが候補表示されるようにすることです。

b)販売価格情報

販売価格を設定します。

販売価格は120円~600円で設定が可能です。
現状では0円など無料の設定はできません。

4)審査申請依頼の「リクエスト」

上記1)スタンプ情報の登録~3)その他の登録で、「表示情報」~「販売価格情報」の設定まで終わったら右上の[リクエスト]より審査の申請をして作業完了です。

3.審査申請後の流れ-審査期間

リクエストすると、ステータスが次のとおり変わっていきます。

「承認待ち」→「審査中」→「承認」

リクエストから承認が下りるまでの審査期間は、1週間~2週間程度です。
実際、私の場合は1週間程度で承認されました。
承認が下りた段階でスタンプを販売することができます。

4.おわりに

以上、LINECreatorsMarket|登録方法や審査期間についてでした。

LINE Creators Market上での各登録・審査の申請自体は簡単なものです。

やはり、一番大変なのは承認が下りるガイドラインに沿ったスタンプの作成やタイトル・説明文といったところでしょう。

以前に比べて審査期間が短縮してきていますが、よりスムーズに販売できるように審査申請前にガイドラインに沿っているかのチェックが大切かもしれませんね!

スポンサーリンク