Twitterログインできない|ログインできないときの対応

スポンサーリンク

Twitterアカウントにログインできないという問題が多く発生しているようです。
他の端末からログインしようとしたときや不具合の影響で再ログインしようとしたときなどに起こり得ますよね!

よくあるのは、ログイン情報を忘れてしまったというパターンですが、ログイン情報に間違いがなくてもログインできないというケースもあるようです。

ここでは、Twitterにログインできないときの対応についてご紹介します。

本記事の内容

・Twitterにログインできないケース
・アプリ版・ブラウザ版ともにログインできない場合
・アプリ版にログインできない場合
・ブラウザ版にログインできない場合

スポンサーリンク

1.Twitterにログインできないケース

Twitterにログインできない場合、次のどちらかのケースに該当します。

  • アプリ版・ブラウザ版ともにログインできない場合
  • アプリ版もしくはブラウザ版どちらかにログインできない場合

意外と次のようなことがあるので、まずはどこが原因か探るために他のTwitterでの挙動を確認してみてください。

  • ブラウザ版にはログインできないけどアプリ版にはログインできる
  • SafariではログインできないけどChromeだとログインできる

確認するブラウザを変えるだけでもログインできるケースがありますので、ぜひ試してみてみてください!

関連TwitterログインPC|PC版Twitter画面にアクセスする方法

2.アプリ版・ブラウザ版ともにログインできない場合

アプリ版もブラウザ版もログインできない場合、次のケースが考えられます。

1)電話番号・メールアドレス・ユーザー名のいずれかを忘れた
2)パスワードを忘れた
3)試行回数上限にひっかかった

1)電話番号・メールアドレス・ユーザー名のいずれかを忘れた

Twitterアカウントにログインするためには次の情報が必要です。

  • 「電話番号」か「メールアドレス」か「ユーザー名」
  • パスワード

Twitterのログイン画面

つまり、「メールアドレス」を忘れてしまっても「電話番号」もしくは「ユーザー名」とパスワードでログインできます。
覚えているものでログインを試してみてください!

ただし、「電話番号」に関しては、複数のアカウントで同じ電話番号を登録していると利用できないのでご留意ください!
電話番号ログイン

なお、「ユーザー名」とは、アカウント名の下に表示されている『@○○』の『○○』部分のことです。
ユーザー名

2)パスワードを忘れた

パスワードを忘れた場合には、リセットして新しいパスワードの設定を行うことができます。
パスワードをリセットするためには次のいずれかの情報が必要です。

a)電話番号
b)メールアドレス
c)ユーザー名

a)電話番号

【電話番号でパスワードリセット】
ログイン画面の[パスワードをお忘れですか]→[電話番号を入力]→[検索] パスワードリセット_電話番号1

次に[続ける]→[SMSで届いたコードを入力]→[送信] パスワードリセット_電話番号2

最後に[新しいパスワードを設定]→[送信]で変更することができます。
パスワードリセット_電話番号3

b)メールアドレス

【メールアドレスでパスワードリセット】
ログイン画面の[パスワードをお忘れですか]→[メールアドレスを入力]→[検索] パスワードリセット_メールアドレス1

次に[続ける]→[パスワードをリセット] パスワードリセット_メールアドレス2

最後に[新しいパスワードを設定]→[送信]で変更することができます。
パスワードリセット_メールアドレス3

c)ユーザー名

【ユーザー名でパスワードリセット】
ログイン画面の[パスワードをお忘れですか]→[ユーザー名を入力]→[検索] パスワードリセット_ユーザー名1

次に[続ける]→[パスワードをリセット] パスワードリセット_ユーザー名2

最後に[新しいパスワードを設定]→[送信]で変更することができます。
パスワードリセット_ユーザー名3

3)試行回数上限にひっかかった

一定回数ログインに失敗すると、ロックがかかります。
ロックがかかると、正しいログイン情報を入力してもはじかれてしまいます。

試行回数上限に到達

ちなみに、今回は7回試行したところでロックがかかりました。
ログインのロックがかかった場合、1時間程度で解除されますので待機しましょう。

待機している間にパスワードのリセットなど、余計なことはしないようにおすすめします。
リセットするのであれば、ロック解除後に試してみてはいかがでしょうか?

3.アプリ版にログインできない場合

ブラウザ版ではログインできるのにアプリ版ではログインできない場合、次のケースが考えられます。

1)アプリもしくは端末の軽微な不具合
2)アプリの不具合

1)アプリもしくは端末の軽微な不具合

アプリや端末をずっと使用していると軽微な不具合が発生することがよくあります。
その場合、再起動することで改善される可能性があります。

【アプリと端末の再起動】
アプリ:iPhoneの場合、ホームボタンを2連続で押すことで起動中のアプリを表示し、Twitterアプリを上にスワイプして一度閉じた後に再度起動します。
端末:電源ボタン長押しで一度電源オフにした後に再度電源を入れます。
アプリと端末の再起動

2)アプリの不具合

Twitterアプリ自体に不具合が発生している可能性が考えられます。
この場合、自分以外の多くの人にも影響が出ている可能性が高いので、他のSNSやネットでTwitterアプリの不具合の状況について調べてみてください。

もしアプリ自体に不具合が発生しているようであれば、不具合修正のためアプリのバージョンアップが行われますので、最新バージョンがないか確認してみてください。

4.ブラウザ版にログインできない場合

アプリ版ではログインできるのにブラウザ版ではログインできない場合、次のケースが考えられます。

1)ブラウザの「キャッシュ」や「クッキー」の影響
2)「JavaScript」がオフ

1)ブラウザの「キャッシュ」や「クッキー」の影響

過去の「キャッシュ」や「クッキー」が邪魔をしている可能性が考えられます。
ログインできないブラウザの「キャッシュ」や「クッキー」を削除してみてください。
ここでは、Chromeを参考にします。

【iPhone-Chromeの「キャッシュ」や「クッキー」の削除】
Chromeの[…]→[履歴]→[閲覧履歴を消去]→[「Cookie、サイトデータ」と「キャッシュされた画像とファイル」に✔]→[閲覧履歴の消去] キャッシュとクッキーの削除

【PC-Chromeの「キャッシュ」や「クッキー」の削除】
[3つ点]→[その他のツール]→[閲覧履歴を消去]と進みます。
キャッシュとクッキーの削除1

そして[「Cookieと他のサイトデータ」と「キャッシュされた画像とファイル」に✔]→[データを消去]
※ 消去するデータの期間を選択することもできます。
キャッシュとクッキーの削除2

2)JavaScriptがオフ

ブラウザの設定で「JavaScript」がオフになっている場合、ブラウザ版のTwitterは利用できません。各ブラウザの設定を確認してみてください。
ここでは、SafariとChromeを参考にします。

【JavaScriptの設定-iPhoneのSafariの場合】
iPhoneの[設定]→[Safari]→[詳細]→[JavaScript]にて設定できます。
JavaScriptの設定

【JavaScriptの設定-PCのChromeの場合】
右上の[3つ点]→[設定]と進みます。
JavaScriptの設定1

次に[詳細設定]→[コンテンツの設定]と進みます。
JavaScriptの設定2

最後に[Javascript]から設定できます。
JavaScriptの設定3

5.まとめ

以上、Twitterログインできない|ログインできないときの対応についてでした。

電話番号は忘れにくいし、すぐ確認もできるのでログイン情報として有用ですが、複数アカウントに同じ電話番号を登録している場合には利用できません。

メインのアカウントでのみ電話番号を登録するなど、うまく工夫して登録する必要がありそうですね!

上記対応を1つずつ試してみて原因を追及するしてみてください!

スポンサーリンク