Twitterアプリ連携|解除方法と連携の注意点

スポンサーリンク

Twitterアプリを利用していると、より便利な機能を享受するためにサードパーティーアプリ(Twitter社以外が提供しているTwitterに対応したアプリ)と連携している方も多いのではないでしょうか?気付かないうちに連携しているという方もいらっしゃるかもしれませんね!

他のアプリと連携することでより便利に利用できるのは確かですが、理解せずにむやみに連携するのはセキュリティ面から見ると危険です。
実際、連携したアプリからTwitterアカウントの乗っ取りなどの被害が発生している事例もあります。

ここでは、Twitterアプリの連携を解除する方法と連携の注意点についてご紹介します。

本記事の内容

・Twitterアプリの連携を解除する方法
・アプリ連携の注意点

スポンサーリンク

1.Twitterアプリの連携を解除する方法

連携の解除は次の項目に分けてご説明します。
なお、すべてほぼ同じような流れになります。

1)スマホ(iPhone/Android)アプリ版Twitterから解除
2)PCブラウザ版Twitterから解除
3)モバイルブラウザ版Twitterから解除

1)スマホ(iPhone/Android)アプリ版Twitterから解除

スマホ(iPhone/Android)アプリ版Twitterから連携を解除することができます。

【アプリ版Twitterから連携解除】
アプリ版Twitterを起動して[アイコンをタップ]→[設定とプライバシー]と進みます。
連携解除-アプリ版1

次に[アカウント]→[アプリとセッション]と進みます。
連携解除-アプリ版2

最後に[連携解除したいアプリを選択]→[アクセス権を取り消す]で完了です。
連携解除-アプリ版3

【連携解除後の画面】
「アクセス権の取り消しを元に戻す」と表示され、アプリとセッション画面を確認すると消えていることが確認できます。
連携解除-アプリ版5

2)PCブラウザ版Twitterから解除

PCブラウザ版Twitterからも連携を解除することができます。

【PCブラウザ版Twitterから連携解除】
PCブラウザ版Twitterにアクセスして[アイコンをクリック]→[設定とプライバシー]と進みます。
連携解除-PCブラウザ版1

次に[アプリと端末]と進みます。
連携解除-PCブラウザ版2

最後に[連携を解除したいアプリの「許可を取り消す」をクリック]で完了です。
連携解除-PCブラウザ版3

3)モバイルブラウザ版Twitterから解除

モバイルブラウザ版Twitterからも連携を解除することができます。

【モバイルブラウザ版Twitterから連携解除】
モバイルブラウザ版Twitterにアクセスして[アイコンをタップ]→[設定とプライバシー]と進みます。
連携解除-モバイルブラウザ版1

次に[アカウント]→[アプリとセッション]と進みます。
連携解除-モバイルブラウザ版2

最後に[連携を解除したいアプリを選択]→[アクセス権を取り消す]で完了です。
連携解除-モバイルブラウザ版3

2.アプリ連携の注意点

Twitterアプリとサードパーティーアプリ(Twitter社以外が提供しているTwitterに対応したアプリ)を連携したことが原因でアカウントの乗っ取りや勝手にフォロー、ツイート、リツイートされるなどの事例が起きています。
したがって、Twitterアプリとサードパーティーアプリをむやみに連携するのは危険です。

連携を検討している場合には、対象アプリの評判をチェックしてみてください。
また、次の項目でアクセス権の理解を深めることをおすすめします。

1)アクセス権の種類
2)連携アプリに付与されるアクセス権のチェック

1)アクセス権の種類

アクセス権には次の3種類あります。
なお、セキュリティ上どの権限にもTwitterのパスワードの表示権限は付与されていません

a)読み取り
b)書き込み
c)ダイレクトメッセージ

a)読み取り

読み取りに関して次のような権限が付与されます。

  • ツイートを見る
  • フォローしているアカウントを見る

最も権限の低いアクセス権であり、閲覧権限しか付与されていないので比較的安全に利用することができます。

b)書き込み

書き込みに関して次のような権限が付与されます。

  • ツイートする
  • 新たなアカウントフォロー
  • プロフィールの更新

身に覚えのないツイートやアカウントフォローなどの被害を受ける可能性があります。
書き込み権限が付与されているアプリの連携には注意が必要です。

c)ダイレクトメッセージ

ダイレクトメッセージに関して次のような権限が付与されます。

  • ダイレクトメッセージの利用

プライベートな空間であるダイレクトメッセージを利用される被害を受ける可能性があります。
ダイレクトメッセージ権限が付与されているアプリの連携には注意が必要です。

2)連携アプリに付与されるアクセス権のチェック

アプリを連携する場合、もしくは連携している場合にはアクセス権を確認しておきましょう。

a)事前のアクセス権チェック
b)事後のアクセス権チェック

a)事前のアクセス権チェック

Twitterアプリと連携する際には、連携するアプリに付与される権限の確認があります。
しっかりと内容をチェックし、理解した上で連携するようにしましょう。

【アプリ連携時のアクセス権確認の一例】
サードパーティーアプリをTwitterアプリと連携させるときに、次の画像のようにアクセス権の確認画面が表示されます。
アプリ連携のアクセス権

アクセス権は、できる事とできない事が表示されますので、しっかりと内容を確認しましょう。

なお、上画像のケースではパスワード確認以外の権限が付与されているため、最も注意が必要となるパターンです。

b)事後のアクセス権チェック

アプリ連携後でも付与されているアクセス権を確認することができます。

【アプリ連携後のアクセス権確認の一例】
次の画像のように連携しているアプリに付与されているアクセス権を確認することができます。
アクセス権の確認

(アプリ版Twitterでのアクセス権確認画面)

アクセス権確認画面への具体的なたどり着き方は、同じ流れとなりますので『1.Twitterアプリの連携を解除する方法』をご参考ください。

3.まとめ

以上、Twitterアプリ連携|解除方法と連携の注意点についてでした。

安心して便利に利用できるサードパーティーアプリはたくさんあります。
おかしな被害にあわないためにも、事前に調べた上で利用するようにしましょう!

もしおかしな挙動があった場合には、すぐに連携を解除してTwitterアプリのパスワードを変更するといいですね!

スポンサーリンク