Twitter動画投稿|できないときの原因(時間や画質等)と対処

スポンサーリンク

Twitterでは投稿した動画を様々な人と共有することができます。
簡単に世の中に発信することができるので便利ですよね!

しかし、動画が投稿できないというケースが多く見受けられます。

ここでは、Twitterで動画を投稿できない原因と対処についてご紹介します。

本記事の内容

・Twitterで動画投稿できない原因と対処
・動画投稿できないときに試したいこと

スポンサーリンク

1.Twitterで動画投稿できない原因と対処

Twitterで動画を投稿できない場合によくある原因は次のとおりです。

1)規定の時間や画質の要件を満たしていない
2)動画形式が「MP4」もしくは「MOV」以外
3)PCブラウザ版Twitterで「MP4」形式以外をアップロード
4)「MP4」形式でも「H264形式/AACオーディオ」ではない

1)規定の時間や画質の要件を満たしていない

投稿できる動画の時間と画質の要件は次のように規定されています。

時間:2分20秒(140秒)以内
サイズ:最大512MB
解像度:最小32×32~最大1,920×1,200(もしくは1,200×1,920)
縦横比:1:2.39~2.39:1
最大フレームレート:40fps
最大ビットレート:25Mbps

最近のスマホの画質向上やハイスペックなデジカメなどを利用すると、規定の画質要件をオーバーしている可能性もあります。

上記要件に当てはまるように、加工アプリやパソコンソフトを利用して動画の画質を調整してみましょう。

関連Twitter動画の形式時間画質|投稿動画の条件

2)動画形式が「MP4」もしくは「MOV」以外

Twitterでは、投稿できる動画の形式が「MP4」もしくは「MOV」に限られます。

「AVI」「MPEG2-TS」「VOB」など、たくさんの動画形式がありますが、規定されている「MP4」「MOV」以外の形式ではTwitterにアップロードできません。

もし投稿しようとしている動画がアップロードできない場合には、動画の形式を確認してみてください。

パソコンに取り込んでみるとデータの拡張子から簡単に判別できます。
動画の形式

動画の形式が「MP4」「MOV」以外の場合は、形式を変換するソフトを利用してみてください。

動画形式については、外部サイトの『AviUtlの易しい使い方-動画形式の種類と違い【コンテナ】』にて分かりやすまとめられています。
ぜひチェックしてみてください!

3)PCブラウザ版Twitterで「MP4」形式以外をアップロード

動画形式が「MOV」で条件をクリアしていたとしてもPCブラウザ版Twitterからアップロードすることはできません。
各Twitterでアップロードできる形式は次のとおりです。

スマホアプリ版:MP4MOV
ブラウザ版(PC版・モバイル版):MP4

上記のとおり、「MOV」形式の動画を投稿できるのは、スマホアプリ版Twitterからということになります。

iPhone端末で動画を撮影すると「MOV」形式で保存されるので、投稿するときはアプリ版のTwitterを利用してみてください。

4)「MP4」形式でも「H264形式/AACオーディオ」ではない

動画形式が「MP4」で条件をクリアしていたとしてもアップロードできないケースがあります。
MP4の映像コーデックや音声コーデックが次のとおりでなければいけないからです。

映像コーデック:H264
音声コーデック:AAC

投稿しようとしている動画のコーデックを調べる場合には、フリーソフトの「MediaInfo」等の動画ファイル解析ソフトを利用してみてください。

2.動画投稿できないときに試したいこと

上記原因と対処以外に試したいことは次のとおりです。

1)Twitterの動画録画機能を利用する
2)アプリ版とブラウザ版の両方で投稿してみる
3)他の動画投稿サービスを利用する

1)Twitterの動画録画機能を利用する

端末に保存されている動画をTwitterにアップロードするのではなく、そもそもTwitterの動画録画機能を利用することで、Twitterに最適化された動画を撮影することができます

【アプリ版Twitterで動画録画】
ツイート画面で[画像マーク]→[動画]を選択することでカメラが起動して撮影することができます。
Twitterで動画録画-アプリ版

【モバイルブラウザ版Twitterで動画録画】
ツイート画面で[画像マーク]→[写真またはビデオを撮る]→[ビデオ]から撮影することができます。
Twitterで動画録画-ブラウザ版

2)アプリ版とブラウザ版の両方で投稿してみる

もしかしたらアプリ版Twitterもしくはブラウザ版Twitterの軽微な不具合が発生している可能性ががあります。

念のためアプリ版とブラウザ版の両方から投稿を試してみることで、どちらかでは投稿できる場合があるので試してみる価値はあります!

アプリ版とブラウザ版の両方で投稿

(左:アプリ版Twitter画面 右:モバイルブラウザ版Twitter画面)

3)他の動画投稿サービスを利用する

根本的な解決にはなりませんが、お急ぎの場合には他の動画投稿サービスを利用するという案を検討してみましょう。

一度、他の動画投稿サービスにアップロードした上で、そのURLを含めてツイートすることで間接的に投稿することができます。

リンクを含めたツイート

3.まとめ

以上、Twitter動画投稿|できないときの原因(時間や画質等)と対処についてでした。

Twitterで動画を投稿できない場合には、動画が規定に沿っているか確認してみましょう!

もし急ぎの場合には、他の動画投稿サービスにアップロードしてリンクをツイートするという対応に切り替えることで機会損失を防ぐことができるかもしれません。

緊急時は臨機応変に対応できるようにしておきたいですね!

スポンサーリンク