Twitter画像保存|PC(パソコン)とスマホでの保存方法

スポンサーリンク

Twitterでは日々様々なツイートが行われています。
その中には自分の端末に保存しておきたい画像もありますよね!

Twitterにアップロードされている画像は保存の仕方によってサイズを変更することができます。
オリジナル画像のサイズに近づけたいという方はぜひチェックしてみてください!

ここでは、Twitter画像の保存方法についてご紹介します。

本記事の内容

・Twitter画像保存の留意点
・Twitter画像の保存の仕方

スポンサーリンク

1.Twitter画像保存の留意点

Twitterにアップロードされている画像を保存する際に留意すべき事項は次のとおりです。

1)オリジナル画像の劣化版
2)画像の保存方法によってオリジナルサイズへ近づける

1)オリジナル画像の劣化版

Twitter上にアップロードされた画像は次のような変化があります。

  • 「.jpg」形式で圧縮される
  • 縦横比率を維持した状態でサイズが縮小する

したがって、Twitterにアップロードされている画像を保存してもリサイズ・圧縮されたクオリティの低い画像しか保存できません。

2)画像の保存方法によってオリジナルサイズへ近づける

オリジナル画像のサイズが大きい場合には保存の仕方によって、次のように縦横比率を維持したまま画像保存サイズを変更することができます。

  • 「.jpg」形式:縦横最大1,200px
  • 「.jpg:large」形式:縦横最大2,048px
  • 「.jpg:orig」形式:縦横最大4,096px

つまり、オリジナル画像サイズが4,096px以内の画像であれば、サイズに関してはオリジナルと相違ない画像を保存することができます。

【具体例】
「オリジナル画像サイズ:縦横3,000px」のケース

  • 「.jpg」形式:縦横1,200px
  • 「.jpg:large」形式:縦横2,048px
  • 「.jpg:orig」形式:縦横3,000px

なお、各形式のサイズ上限に関しては、Twitterのアップデートによって今後変更される可能性は十分あり得ます。
現時点(2018年11月)における情報という点ご了承ください。

2.Twitter画像の保存の仕方

画像の保存方法は、次のとおりPCとスマホに分けてご説明します。

1)PC版Twitterでの画像保存
2)スマホ版Twitterでの画像保存

1)PC版Twitterでの画像保存

PC版Twitterで前述した各形式にて保存する方法をご説明します。
ここでの説明は「Chrome」で縦横3,000pxの画像を保存してみます。

その他のブラウザでも概ね同じような流れになります。
なお、「IE」や「Edge」などのブラウザでは保存の仕方に関わらず、すべて「.jpg」形式で保存されます。よって、拡張子の変更は必要ありません

a)「.jpg」形式
b)「.jpg:large」形式
c)「.jpg:orig」形式

a)「.jpg」形式

保存したときのサイズが縦横最大1,200pxまでの保存方法です。

【「.jpg」形式での保存】
タイムラインが表示されている状態で[画像の上で右クリック]→[名前を付けて画像を保存]にて任意の場所に保存します。
画像保存-PC1

保存された画像は次のように1,200pxを上限としています。
画像保存-PC1

b)「.jpg:large」形式

保存したときのサイズが縦横最大2,048pxまでの保存方法です。

【「.jpg:large」形式での保存】
タイムラインが表示されている画像を左クリックで拡大表示します。
画像保存-PC2

拡大表示された画像の上で[右クリック]→[名前を付けて画像を保存]にて任意の場所に保存します。
画像保存-PC2

Chromeブラウザで保存すると「.jpg_large」拡張子になっているので、「_large」を削除して「.jpg」へと修正します。
画像保存-PC2

その際、表示される「拡張子を変更すると、ファイルが使えなくなる可能性があります。変更しますか?」は「はい」を選択します。

保存された画像は次のように2,048pxを上限としています。
画像保存-PC2

c)「.jpg:orig」形式

保存したときのサイズが縦横最大4,096pxまでの保存方法です。

【「.jpg:orig」形式での保存】
タイムライン上もしくは拡大表示状態で[画像の上で右クリック]→[画像アドレスをコピー]→[アドレスバーへ貼り付け] 画像保存-PC3

拡張子が「.jpg」もしくは「.jpg:large」となっているため「.jpg:orig」に修正します。
そして、[名前を付けて画像を保存]にて任意の場所に保存します。
画像保存-PC3

Chromeブラウザで保存すると「.jpg_orig」拡張子になっているので、「_orig」を削除して「.jpg」へと修正します。
画像保存-PC3

その際、表示される「拡張子を変更すると、ファイルが使えなくなる可能性があります。変更しますか?」は「はい」を選択します。

最大は4,096pxですが、オリジナル画像が3,000pxのため3,000pxで保存されています。
画像保存-PC3

2)スマホ版Twitterでの画像保存

ここでの説明は「Chrome」で縦横3,000pxの画像を保存してみます。

なお、スマホから保存する場合「.jpg」形式で保存されます。よって、拡張子の変更は必要ありません

a)「.jpg」形式
b)「.jpg:large」形式
c)「.jpg:orig」形式

a)「.jpg」形式

保存したときのサイズが縦横最大1,200pxまでの保存方法です。

【「.jpg」形式での保存】
タイムラインが表示されている状態で[軽めに長押し]→[写真を保存]にて端末に保存します。
画像保存-mobile1

b)「.jpg:large」形式

保存したときのサイズが縦横最大2,048pxまでの保存方法です。

【「.jpg:large」形式での保存】
タイムラインが表示されている状態で[軽めに長押し]→[Safariで開く/Chromeで開く]→[アドレスバーをタップ]画像保存-mobile2

URLの末尾を「.jpg」から「.jpg:large」へ修正して更新します。
画像保存-mobile2

そして[画像を軽く長押し]→[イメージを保存]にて端末に保存できます。
画像保存-mobile2

c)「.jpg:orig」形式

保存したときのサイズが縦横最大4,096pxまでの保存方法です。

【「.jpg:orig」形式での保存】
タイムラインが表示されている状態で[軽めに長押し]→[Safariで開く/Chromeで開く]→[アドレスバーをタップ] 画像保存-mobile3

URLの末尾を「.jpg」から「.jpg:orig」へ修正して更新します。

そして[画像を軽く長押し]→[イメージを保存]にて端末に保存できます。

3.まとめ

以上、Twitter画像保存|PC(パソコン)とスマホでの保存方法についてでした。

Twitterにアップロードしている時点で画質が下がっているので、オリジナルと同様の画像を保存することはできませんが、縦横のサイズは近づけることができます。

もし端末に残しておきたい画像があったら上記方法によって保存してみてください!

スポンサーリンク