Twitter画像表示されない|URL表示やセンシティブな内容等

スポンサーリンク

ツイートを見ていると、親切に画像が添付されていることが多いですよね。
画像が添付されているかどうかで情報の伝わりやすさが大きく違います。

しかし、ツイート上の画像がURLにて表示されていて、開かないと見れない場合やセンシティブな内容が含まれる可能性のあるツイートで見れない場合、単純に画像が読み込めないという場合など様々な原因によって、画像が表示されない問題に悩まされます。

ここでは、Twitterの画像が表示されない原因と対処法についてご紹介します。

本記事の内容

・Twitterで画像が表示されないときの原因と対処

スポンサーリンク

1.Twitterで画像が表示されないときの原因と対処

Twitterで画像が表示されない場合によくある原因は次のとおりです。

1)画像がURL表示になっている
2)センシティブな内容が含まれる可能性のあるツイート
3)通信環境が悪い
4)Twitterアプリや端末の不具合
5)ツイートの削除
6)Twitter運営側の不具合

1)画像がURL表示になっている

スマホアプリ版Twitterで見ると、ツイートに添付されている画像がURLになっていて、次のようにわざわざ開かないと画像が表示されない場合があります。画像がURL表示

これは、Twitterの設定によるもので、設定変更によって簡単に解決することができます。

【URL表示に関する設定-スマホアプリ版Twitter】
[自分のアイコン]→[設定とプライバシー]と進みます。
スマホアプリ版Twitterでの設定1

そして[画面表示とサウンド]→[メディアのプレビュー]をオンにするとURLではなく画像が表示されるようになります。
スマホアプリ版Twitterでの設定2

なお、画像のURL表示の設定はスマホ版特有の設定です。
PC版Twitterではデータ量などを気にしないで使用できることが多いため、常に画像が表示されるようになっています。

2)センシティブな内容が含まれる可能性のあるツイート

相手がTwitterの設定でセンシティブな内容を含むものとして設定している場合、画像や動画が表示されません。

センシティブな内容のツイート

これは自分のTwitterの設定を変更することで表示できるようになります。
なお、PC版Twitterの場合、デフォルトの設定でも「表示」ボタンから表示させることができます。

a)スマホアプリ版Twitterでの表示
b)ブラウザ版Twitterでの表示

a)スマホアプリ版Twitterでの表示

スマホアプリ版Twitterにて[センシティブな内容のツイートをタップ]→[設定を変更]→[「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」にチェック]で表示することができます。
センシティブなツイートの設定

スマホアプリ版の「設定」からでは当設定変更はできません。ブラウザ版Twitterからでなければいけませんのでご留意ください。

スマホアプリ版Twitterのツイートで表示されている「設定を変更」をタップすることで、ブラウザ版Twitterに移動できます。

なお、ブラウザ版のホーム画面からアクセスする場合には、[設定とプライバシー]→[プライバシーとセキュリティ]→[モバイル版:セキュリティ、PC版:安全性]項目から設定できます。

b)ブラウザ版Twitterでの表示

ブラウザ版Twitterでは、Twitterの設定を変更せずとも「表示」を押すことで表示させることができます。
センシティブなツイートの表示

3)通信環境が悪い

Twitterの画像はサーバーからデータを受信することで見れています。
通信環境が良くない場合にはデータの受信がうまく行われず、画像が見れないことが多いです。
通信環境が悪い場合のよくある原因として次のようなケースが考えられます。

  • データ通信量超過による速度制限
  • 通信障害の発生

通信環境が悪い状況で画像を見ようとすると、読み込めなかったり、次のようなカメラに斜線のマークが表示されます。
通信環境の改善

次の方法で通信環境の改善を試してみてください。

  • Wi-Fi環境で確認してみる
  • Wi-Fiからモバイル通信(モバイル通信からWi-Fi)に切り替えてみる

4)Twitterアプリや端末の不具合

自分の端末や使用しているブラウザ・アプリ側に軽微な不具合の可能性があるので、再起動してみましょう。

PC:ブラウザの再起動やPC本体自体の再起動
スマホ:アプリやブラウザの再起動や端末自体の再起動

iPhoneの場合、ホームボタンを2回連続で押し、バックグラウンドで起動しているアプリの中からTwitterアプリを上にスワイプすることでアプリを閉じることができます。
再起動してみる

軽微な不具合であれば、再起動することで解決できることが多いです。
意外と効果的な手段なのでぜひ試してみてください。

5)ツイートの削除

画像が添付されていたツイートを削除された場合には、参照先がなくなるため画像が表示されなくなります。

相手の削除行為が反映されるまでのタイムラグや画像のURLが拡散されている場合に発生しやすいです。

この場合は、直接相手に画像を送付してもらう以外確認する方法はありません。

6)Twitter運営側の不具合

上記以外でスマホアプリ版Twitterでもブラウザ版Twitterでも見れない場合、Twitter運営側のシステム不具合という可能性もあります。
この場合、Twitter公式アカウントの公表や同じような症状で困っているTwitterユーザーを探してみましょう。

Twitter公式アカウントでは次のように公表されることもあります。
Twitter公式アカウントの公表

Twitter運営側のシステム不具合の場合、改善されるのを待つしかありません。
SNS等で状況確認しながら気長に待ちましょう!

2.まとめ

以上、Twitter画像表示されない|URL表示やセンシティブな内容等についてでした。

URL表示やセンシティブな内容によって画像が表示されない場合には、設定を変えるだけで簡単に表示させることができます。設定を確認してみてください!

それ以外では通信環境の不安定さが要因ということが多いです。
Wi-Fi環境下で実施してみるなど、通信環境を改善してみてください!

スポンサーリンク