Twitterブロック|されたらどうなるかやブロックの仕方と解除方法

スポンサーリンク

Twitterは様々な人と簡単に繋がることができるというのが大きな利点ですが、特定の人と距離を置きたいこともありますよね!
そんなときに便利なのが「ブロック」機能です。

特にスパムのような迷惑なアカウントに対して効果的です。
ブロック機能を活用して快適にTwitterを利用しましょう!

ここでは、Twitterの「ブロック」機能とは何かやブロックされた場合にできなくなること、そしてブロックの仕方と解除の仕方についてご紹介します。

本記事の内容

・Twitterの「ブロック」機能とは
・ブロックされたアカウントができなくなること
・ブロックの仕方
・ブロックの解除方法

スポンサーリンク

1.Twitterの「ブロック」機能とは

Twitterの「ブロック」機能とは、他のユーザーとのやりとりをコントロールするのに役立つ機能で、特定のアカウントが自分をフォローしたり、ツイートを見たり、連絡を取ることができないようにする機能です。

Twitterの「ブロック」機能とは

LINEの「ブロック」機能と似ていて、相手と距離を置きたい場合に利用することが多いです。

ブロック機能の留意点

Twitterの「ブロック」機能は特定のアカウントに対して機能します。
したがって、次のような場合には自分の公開ツイートがあっさりとその相手に見られてしまいます。

  • ログインせずにTwitterを利用している場合
  • ブロックしたアカウントとは別のアカウントを利用している場合

つまり、相手をブロックしたとしても、その相手がウェブブラウザ版Twitterでログインせずに閲覧している場合やサブアカウントを持っている場合には簡単に公開ツイートなどが見られてしまうということです。

見られないように完全に防止したい場合には非公開アカウント(鍵アカウント)にすることをおすすめします。

2.ブロックされたアカウントができなくなること

ブロックされた場合、その相手に対して具体的にできなくなることは次のとおりです。

1)フォローする
2)ツイートを見る
3)ツイートの検索
4)DM(ダイレクトメッセージ)の送信
5)フォロー/フォロワー/いいね等のリストを見る
6)モーメントを見る
7)リストに追加する
8)画像にタグ付けする

1)フォローする

ブロックされると相手をフォローできなくなります。
また、フォロー済みの場合にはフォローが解除されます。

「フォローする」を押しても、次のようにブロックされている旨の表示が出現してフォローすることができません。
ブロックされたらできなくなること「フォローする」

関連Twitterフォロワー解除|フォロワーを削除する方法

2)ツイートを見る

ブロックされると相手のツイートが見れなくなります。
タイムライン上にも流れませんし、相手のプロフィール画面にアクセスしてもツイートを確認することはできません。

相手のプロフィール画面にアクセスすると、次のようにブロックされた旨の表示が出現してツイートが見れません。
ブロックされたらできなくなること「ツイートを見る」

3)ツイートの検索

ブロックされると相手のツイートが検索結果に引っ掛からなくなります。

ツイートが見れなくなることに関連し、検索したとしても結果に表示されなくなります。

4)DM(ダイレクトメッセージ)の送信

ブロックされると相手にDM(ダイレクトメッセージ)を送信できなくなります。

以前やりとりしていた場合でも、次のようにDMを送信できない旨の表示が出現してDMを送ることができなくなります。
ブロックされたらできなくなること「DMの送信」

5)フォロー/フォロワー/いいね等のリストを見る

ブロックされると相手のフォロー/フォロワー/いいねなどのリストが見れなくなります。

相手のプロフィール画面にアクセスすると、次のようにブロックされた旨の表示が出現して各種リストは確認できなくなります。
ブロックされたらできなくなること「リストを見る」

6)モーメントを見る

ブロックされると相手が作成したモーメントが見れなくなります。

当然モーメントを作成した旨のツイートはタイムラインに表示されませんし、通常表示される「モーメントを表示」ボタンも表示されなくなります。ブロックされたらできなくなること「モーメントを見る」

(左:ブロックされていない場合のメニュー 右:ブロックされた場合のメニュー)

7)リストに追加する

ブロックされると相手を「リスト」機能に追加することができません。

相手を検索追加しようとしても、エラー表示はありませんが一向に追加することができません。
ブロックされたらできなくなること「リストに追加する」

8)画像にタグ付けする

ブロックされると相手を画像にタグ付けできなくなります。

スマホアプリ版Twitterの場合、タグ付けしようとすると「○○さんはタグ付けできません」と表示されます。
ブロックされたらできなくなること「画像にタグ付けする」

関連Twitterタグ付けとは|付け方やタグ付けできない原因

3.ブロックの仕方

相手アカウントをブロックする経路はいくつかありますが、次の経路についてご紹介します。

1)ツイートからブロック
2)プロフィール画面からブロック

1)ツイートからブロック

タイムラインに表示されているツイートから相手をブロックする方法です。

【ツイートからブロックする方法】
ブロックしたい相手がしたツイートの[v]→[○○さんをブロック]→[ブロック]で相手をブロックすることができます。ツイートからブロックする方法

2)プロフィール画面からブロック

相手のプロフィール画面からブロックする方法です。

【プロフィール画面からブロックする方法】
相手のプロフィール画面の[…]→[○○さんをブロック]→[ブロック]で相手をブロックすることができます。プロフィール画面からブロックする方法

4.ブロックの解除方法

基本的なブロック解除の仕方をご説明します。

【ブロックの解除】
メニューの[設定とプライバシー]→[プライバシーとセキュリティ]と進みます。
ブロックの解除

次に[ブロックしたアカウント]→[解除するアカウントを選択]と進みます。
ブロックの解除

最後に[ブロック中]→[ブロックを解除する]にてブロックを外すことができます。
ブロックの解除

5.まとめ

以上、Twitterブロック|されたらどうなるかやブロックの仕方と解除方法についてでした。

ブロックや解除の仕方は簡単なので、距離を置きたいアカウントがいたらブロックを試してみてはいかがでしょうか?

ただ、Twitterのブロックは簡単にばれてしまいます。
近い友達に対して実施する場合には、関係やタイミングを考慮し慎重に検討上で行ってみてください。

スポンサーリンク