Twitterミュートとは|やり方と解除方法やミュートの影響

スポンサーリンク

Twitterを利用しているとタイムラインに表示したくないツイートや少し距離を置きたいユーザーっていますよね!

ブロック機能で遠ざけることはできますが、簡単にばれてしまうので近い友達には実行しにくいと感じている方が多いのではないでしょうか?

そのような場合に便利なのが「ミュート」機能です。
「ミュート」機能を利用することで、特定のキーワードを含むツイートや特定のアカウントと距離を置くことができます。

ここでは、Twitterのミュート機能とは何かや設定の仕方と解除方法についてご紹介します。

本記事の内容

・Twitterのミュートとは
・ミュートのやり方
・ミュートの解除方法

スポンサーリンク

1.Twitterのミュートとは

Twitterのミュート機能とは、特定のキーワードを含むツイートや特定のアカウントのツイートを自分のタイムライン上に表示されないようにしたり、通知の受信の有無に影響を与えることができる機能です。

Twitterのミュートとは

特定のアカウントをミュートにした場合にどのような影響があるのか、両視点に分けてご説明します。

1)相手側(ミュートされた側)視点
2)自分側(ミュートした側)視点

1)相手側(ミュートされた側)視点

次のような点がブロック機能と異なるため、ミュートにしたことが相手にばれる可能性は非常に低くなっています。

  • ミュートしてもフォロー解除されず相互にフォローできる
  • 相手側からプロフィール画面を通常どおり閲覧できる
  • 相手側からDM(ダイレクトメッセージ)を送信できる
  • 相手のタイムライン上にこちらのツイートが通常どおり表示される
  • 相手側からリプライ・いいね・リツイートなどができる

つまり、相手側から見るとなんら変化がないため、ミュートされていることに気付けません。

関連Twitterブロック|されたらどうなるかやブロックの仕方と解除方法

2)自分側(ミュートした側)視点

相手をミュートにした場合、主に次のような点で変化があります。

a)タイムライン
b)通知
c)リプライ

a)タイムライン

ミュートにした相手の次の行為は自分のタイムライン上に表示されなくなります。

  • ツイート
  • リプライ
  • リツイート

自分のタイムライン上に表示されなくなるだけで、相手のツイート一覧などからは確認することができます。

関連Twitterタイムラインとは|TLの表示や更新されない問題

b)通知

プッシュ通知やショートメール通知は受信しなくなりますが、ミュートにした相手をフォローしているか否かでTwitter内の「通知」タブに関する表示が変わります。

相手がリプライ・リツイート・いいね等をした場合の「通知」タブの表示は次のとおりです。

  • 相手をフォローしているケース:表示あり
  • 相手をフォローしていないケース:表示なし

つまり、ミュートにした相手がとった行為に関しては、フォローしている場合のみ「通知」タブに知らせがあります

c)リプライ

ミュートにした相手からリプライがあった場合、相手をフォローしているか否かでツイートを展開したときのリプライ表示が変わります。

  • 相手をフォローしているケース:表示あり
  • 相手をフォローしていないケース:表示なし

つまり、ミュートにした相手をフォローしていない場合、ツイートを展開してもリプライがなかったかのように表示されません。リプライ

(左:フォローしているケース 右:フォローしていないケース)

2.ミュートのやり方

ミュート機能の設定の仕方は次の方法があります。

なお、ここではiPhoneにおけるスマホアプリ版Twitterにてやり方をご紹介しますが、Androidやブラウザ版Twitterでも同様なので参考にしてみてください。

1)特定のキーワードに対するミュート
2)特定のアカウントに対するミュート

1)特定のキーワードに対するミュート

ミュートするキーワードを設定することで、そのキーワードを含むツイートが自分のタイムラインに表示されなくなります。

【特定のキーワードに対するミュート】
[自分のアイコン]→[設定とプライバシー]と進みます。
特定のキーワードに対するミュート

次に[プライバシーとセキュリティ]→[ミュート中]と進みます。
特定のキーワードに対するミュート

そして[ミュートするキーワード]→[追加する]と進みます。
特定のキーワードに対するミュート

最後に[キーワードやオプションの設定]→[保存]で特定のキーワードに関するミュートが設定できます。
特定のキーワードに対するミュート

2)特定のアカウントに対するミュート

アカウントをミュートにすることで、設定したアカウントのツイートが自分のタイムラインに表示されなくなります。

アカウント自体をミュートにする場合、次の2パターンのやり方があります。

a)タイムライン上からミュート
b)プロフィール画面からミュート

a)タイムライン上からミュート

【タイムライン上からミュート】
タイムライン上に表示されている相手のツイートの[v]→[○○さんをミュート]→[はい]で相手をミュートにすることができます。
タイムライン上からミュート

b)プロフィール画面からミュート

【プロフィール画面からミュート】
相手のプロフィール画面の[…]→[○○さんをミュート]→[はい]で相手をミュートにすることができます。
プロフィール画面からミュート

3.ミュートの解除方法

キーワードやアカウントに対して設定したミュートはいつでも自由に解除することができます。
解除による相手への通知等は一切ないため、ばれることなく行うことができます。

1)特定のキーワードに対するミュート解除
2)特定のアカウントに対するミュート解除

1)特定のキーワードに対するミュート解除

キーワードに対してミュートを設定した時と似たような対応で解除することができます。

【特定のキーワードに対するミュート解除】
[自分のアイコン]→[設定とプライバシー]と進みます。
特定のキーワードに対するミュート解除

次に[プライバシーとセキュリティ]→[ミュート中]と進みます。
特定のキーワードに対するミュート解除

そして[ミュートするキーワード]→[編集]と進みます。
特定のキーワードに対するミュート解除

最後に[削除するキーワードを選択]→[削除]→[キーワードを削除]でミュートを解除することができます。
特定のキーワードに対するミュート解除

2)特定のアカウントに対するミュート解除

基本的には、アカウントのミュート解除は相手のプロフィール画面にアクセスして行います。

【特定のアカウントに対するミュート解除】
[自分のアイコン]→[設定とプライバシー]と進みます。特定のアカウントに対するミュート解除

次に[プライバシーとセキュリティ]→[ミュート中]と進みます。
特定のアカウントに対するミュート解除

そして[ミュートしているアカウント]→[解除するアカウントを選択]と進みます。
特定のアカウントに対するミュート解除

最後に[ミュートマーク]→[○○さんのミュートを解除]でミュートを解除することができます。
特定のアカウントに対するミュート解除

4.まとめ

以上、Twitterミュートとは|やり方と解除方法やミュートの影響についてでした。

ブロック機能ではほぼ間違いなく相手にばれてしまいますが、ミュート機能ではばれることはありません。

目にしたくないキーワードを含むツイートをまとめて対処したい場合や相手にばれずに距離を置きたい場合に便利な機能です。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク