Twitterモバイル|サイト版へのログイン方法

スポンサーリンク

スマホ(iPhone/Android)でTwitterを利用している方はアプリ版のTwitterを利用している方が多いのではないでしょうか?

Twitterは、アプリ版以外にもWebブラウザで見れるモバイルサイト版もあります。
また、スマホ(iPhone/Android)からでもPC版Twitterも見ることができます。

ここでは、Twitterのモバイルサイト版へのログイン方法についてご紹介します。

本記事の内容

・Twitterモバイルサイト版へのログイン方法
・PC版からモバイル版に飛ばされるときの対処

スポンサーリンク

1.Twitterモバイルサイト版へのログイン方法

スマホ(iPhone/Android)でアプリ版ではなく、Webブラウザから見れるモバイルサイト版のTwitterにアクセスしてみましょう。

1)モバイルサイト版Twitterへのログイン
2)アプリ版Twitterが強制的に起動する場合

1)モバイルサイト版Twitterへのログイン

SafariやChromeなどのWebブラウザを利用することで、スマホ(iPhone/Android)でもウェブサイト版(モバイル版とPC版)のTwitterにログインすることができます。

【モバイルサイト版Twitterへのログイン】
モバイルサイト版Twitter(https://mobile.twitter.com/)にアクセスすることでログインできます。
モバイル版Twitter

関連Twitterログインできない|ログインできないときの対応

2)アプリ版Twitterが強制的に起動する場合

上記モバイルサイト版TwitterのURLをタップしてもアプリ版Twitterが起動してしまうという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
そのような場合、次の方法で簡単に対処することができます。

【アプリ版Twitterが強制的に起動するときの対処法】
Webブラウザに表示されている[リンクを長押し]→[開く]でWebブラウザ上で開くことができます。
アプリ版Twitterの強制起動

2.PC版からモバイル版に飛ばされるときの対処

スマホからPC版Twitter(https://twitter.com/)にアクセスした場合、モバイル版Twitter(https://mobile.twitter.com/)に転送されるように設定されているためこのようなことが起こります。

この場合、転送されたモバイル版TwitterからPC版Twitterへと切り替える方法で対応します。
ここでは、Chromeブラウザでの切り替え方をご説明します。
なお、次の1)の方法でうまくいかない場合、2)の方法を試してみてください。
(Safariブラウザでの切り替えは下方関連記事参照。)

1)「PC版サイトをリクエスト」で切り替える
2)直接URLを修正する

1)「PC版サイトをリクエスト」で切り替える

【Chromeブラウザでの切り替え】
ログイン前のモバイルサイト版Twitterhttps://mobile.twitter.com)にアクセスして[…]→[PC版サイトをリクエスト]と進みます。
PC版への切り替え-Chrome1

そして[PC版Twitter画面になっていることを確認]→[ログイン]で完了です。
PC版への切り替え-Chrome2

2)直接URLを修正する

上記方法で切り替わらないときがあります。
その場合、URLを直接修正する方法を試してみてください。

【URLの直接修正】
ログイン前のモバイルサイト版Twitterhttps://mobile.twitter.com)にアクセスして[…]→[「モバイルサイトをリクエスト」が表示されていることを確認]→[URL編集モード]にします。
※ 「モバイルサイトをリクエスト」が表示=現在「PC版サイトをリクエスト」を選択中であることを表します。
PC版への切り替え-Chrome3

そして[URLを「https://twitter.com」に修正]→[開く]でアクセスします。
PC版への切り替え-Chrome4

「Safari」ブラウザでもPC版Twitterへと切り替えることができます。
具体的な切り替え方は、次の関連記事にてご紹介していますのでチェックしてみてください!

関連TwitterログインPC|PC版Twitter画面にアクセスする方法

3.まとめ

以上、Twitterモバイル|サイト版へのログイン方法についてでした。

スマホ(iPhone/Android)であれば、アプリ版・モバイル版・PC版のTwitterを利用することができます。

それぞれ利用してみて自分にとって使い勝手のいいTwitterを見つけてみてはいかがでしょうか?
より効率的に情報収集ができるようになるかもしれませんよ!

スポンサーリンク