TwitterDM削除|相手側の挙動と削除後の復元

スポンサーリンク

Twitterでは第三者に見られず特定の相手との間だけでメッセージのやりとりができるDM(ダイレクトメッセージ)機能があります。

DMはメールのような機能でやりとりしたメッセージは簡単に削除することができます。
そこで気になるのがDMを削除した場合の相手側の挙動や復元することはできるのかという点です。

ここでは、TwitterのDMを削除する方法と削除した場合の相手側の挙動とDM削除後に復元できるのかについてご紹介します。

本記事の内容

・DMを削除する方法
・DM削除による相手側の挙動
・DM削除後に復元できる?

スポンサーリンク

1.DMを削除する方法

TwitterのDMは次のメッセージを削除することができます。

  • 自分が送信したメッセージ
  • 相手から受信したメッセージ

つまり、自分のTwitter内に表示されているDMすべてを削除することができます。

DM削除

DMの削除は次の2パターンの方法があります。
なお、ここではスマホ版Twitter(iPhone)での削除の仕方をご説明しますが、ブラウザ版Twitterでもやり方はほぼ同じなので参考にしてみてください。

1)メッセージごとの個別削除
2)相手ごとの一括削除

1)メッセージごとの個別削除

DMは特定のメッセージだけを個別に削除することができます。
自分のメッセージも相手から受信したメッセージも削除方法は同じです。

【メッセージの個別削除-自分のメッセージ】
[削除したいメッセージを長押し]→[メッセージを削除]にて個別にメッセージを削除することができます。
自分のメッセージの削除

【メッセージの個別削除-相手のメッセージ】
[削除したいメッセージを長押し]→[メッセージを削除]にて個別にメッセージを削除することができます。
相手のメッセージの削除

2)相手ごとの一括削除

DMはメッセージをやりとりしている相手ごとに一括して削除することができます。
この方法によって自分のメッセージと相手から受信したメッセージをまとめて一気に削除できます。

相手ごとの一括削除は次の2パターンのやり方があります。

a)会話情報から削除
b)メッセージリストから削除

a)会話情報から削除

相手とメッセージのやりとりをしている画面から削除する方法です。
ブラウザ版Twitterでも利用できる方法です。

【会話情報から一括削除】
メッセージをやりとりしている画面右上の[会話情報マーク]→[会話を削除]と進みます。
メッセージの一括削除1

そして[削除]を選択することで特定の相手とのメッセージを一括削除することができます。
メッセージの一括削除2

b)メッセージリストから削除

やりとりしている相手ごとに表示されるメッセージリスト画面から削除する方法です。
ブラウザ版Twitterでは利用できません

【メッセージリストから一括削除】
相手ごとに表示されているメッセージリスト画面で[削除したい相手を左にスワイプ]→[ゴミ箱マーク]と進みます。
メッセージの一括削除1

そして[削除]を選択することで特定の相手とのメッセージを一括削除することができます。
メッセージの一括削除2

2.DM削除による相手側の挙動

上記のとおり、DMは自分のメッセージも相手から受信したメッセージも削除することができます。
そこで気になるであろう、DMを削除した場合の相手側の挙動について確認してみました。

結果、自分側でDMを削除しても相手側では削除されず残ったままでした。
つまり、削除されるのは自分のTwitter上だけということです。

【DM削除による相手側の挙動】
次の画像のとおり、「テストメッセージ」「サンプルメッセージ」を削除(左画像)しても相手側のメッセージ画面(右画像)では削除されずに残っていることが確認できます。
DM削除による相手側の挙動

(左:DM削除した側のメッセージ画面 右:相手のメッセージ画面)

TwitterのDMはほぼメールと同様で、一度やりとりした内容は相手の端末を操作する以外削除する方法はありません
トラブルを予防するためにもやりとりする前の確認が大切ですね!

3.DM削除後に復元できる?

誤って削除してしまった場合など、TwitterのDMを削除した後で復元したい場合もあるのではないでしょうか?

しかし、現在のTwitterの仕様では一度削除したDMを復元する方法はありません

もし削除した内容を確認したい場合、やりとりしていた相手に直接確認する以外方法はないようです。

DMを削除することは簡単ですが、復元できないので削除するときは慎重に行った方がよさそうですね!

4.まとめ

以上、TwitterDM削除|相手側の挙動と削除後の復元についてでした。

TwitterのDMはメールのような感覚で特定の相手との間だけでやりとりすることができます。
相手のアカウントさえ知っていれば繋がることができて便利ですよね!

ただし、DMを削除しても相手側では削除されませんし、削除後に復元できないので取り扱いに注意が必要です。

DMの仕様をしっかり理解した上で利用しましょう!

スポンサーリンク